ちゅらトゥースは効果なし?悪い口コミはどんなもの?

ちゅらトゥース

ちゅらトゥースは歯を白くすることができると言われている歯磨きに使う商品です。
即効性はありませんが、長く使うことで徐々に歯が白くなっていき、その白い歯を維持することができます。
しかしこのちゅらトゥース、効果なしという人もいます。
ちゅらトゥースが効果なしという人はやはり悪い口コミを付けていますので、その評価を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングを一か月ほど使いました。
歯の黄ばみが取れると聞いて期待していたけど…ちゅらトゥースでは白くならない
とても残念です。

ちゅらトゥースを使って歯の白さを実感することができました。
ただ口臭には効果がないような…。
効果を期待していた分少し残念ですね

 

ちゅらトゥースの口コミはほとんどが良い意見です。
そのため悪い口コミを見つけることの方が難しいですが、中には上記のように効果を実感できなかったという人も。
ちゅらトゥースの黄ばみを取る働きが効果的なのは、タバコ・コーヒー・紅茶など、着色汚れによる歯の黄ばみです。
元々歯が黄ばんでいるという人に関してはホワイトニングの効果が期待できないので、この点は注意しておきたいですね。

 

口臭に関してはその人の生活習慣にもよります。
例えばちゅらトゥースを使ってずっとケアしているけど、口臭の原因になりそうなものばかり食べる(にんにく料理など)と口臭の改善は期待できません。
また喫煙している人の多くが口臭を気にしていると思いますが、喫煙年数が長ければ長いほど肺がダメージを受けていますので、これは口の中をどれだけ清潔にしてもあまり意味がないかもしれません。
タバコを吸っている場合は禁煙することで口臭改善の効果を実感できるかもしれませんね。

 

ちゅらトゥースの口コミの多くは効果を実感できたというものです。
ちゅらトゥースを使ってみたいけど本当に効果が出るのか不安…と考えている人は、ぜひ一度使ってみてください。
一ヵ月〜三ヶ月ほど使えば、きっとその効果を実感できますよ。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングにはどんな成分が含まれているの?

ちゅらトゥース

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは使っていくことで徐々に歯の黄ばみを取る商品です。
即効性はないものの、使い続けることで白い歯にしていき、そしてその白い歯をキープすることができます。
白い歯は誰から見ても印象が良いもの。
一度白い歯になったのならその歯を長く維持しておきたいですよね。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングには歯を白くするための成分が豊富に配合されています。
・リンゴ酸・ビタミンC→歯の着色汚れを浮かして落とす
・ポリアスパラギン酸→歯の汚れを除去し、汚れが再度付着することを防ぐ
これらがホワイトニングケアに有効な成分です。

 

その他にも
・GTO→歯を虫歯菌から守る
・アラントイン→歯茎の腫れや炎症を防ぎ、健康的な状態を維持する
・シメン-5-オール→口臭を予防する
などの成分が含まれています。

 

健康的な歯を作りながら歯の黄ばみも取ってくれるので、使い続けることでどんどん歯の印象が変わります。
歯にとって良い成分がたくさん含まれているのでぜひ使ってみてくださいね。

 

 

ちゅらトゥースの正しい使い方について

ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースの効果を実感するには正しい使い方をしなければなりません。
ちゅらトゥースの使い方はとても簡単です。
朝・晩の1日2回の使用となっているので、毎日のケアにちゅらトゥースをプラスすればいいだけです。

 

通常の歯磨きを終わらせた後、歯ブラシにちゅらトゥースの適量を塗布します。
その歯ブラシで再度ブラッシングをして、歯をしっかりとゆすげば完了です。
いつもの歯磨きを二回するといった感じなので、特に難しいことはありません。

 

このケアを続けることで徐々に歯の白さを実感できると言われています。
即効性があるわけではないので1回使っただけでは効果はわかりませんが、毎日使っているときっと歯の白さを実感できる日が来ますよ。
諦めずに毎日使い続けましょう。

歯医者と自宅、どちらのホワイトニングケアがおすすめ?

ちゅらトゥース

ちゅらトゥースが効果なしという口コミを見た人は、歯医者でのホワイトニングケアを検討しているのではないでしょうか?
自宅でのケアが無理なら歯医者でのケアとなりますので、歯医者のホワイトニングケアについて調べている人も多いと思います。
歯医者のホワイトニングケアにはオフィスケアとホームケアがあります。
オフィスケアは歯医者で受けるホワイトニングのこと、ホームケアは歯医者で作ったマウスピースを用いて自宅でケアする方法です。

 

オフィスケアは歯医者に1〜2回通うだけでホワイトニングケアができる即効性のある治療です。
すぐにでも歯を白くしたい場合はオフィスケア以上のケアはないので、即効性を求める人は歯医者のオフィスケアがおすすめ。
ただ保険適応外ということもあり、費用は4〜6万円と非常に高くなっています。
オフィスケアは自宅でのケアとなり、自宅でマウスピースを使ってホワイトニングを行うこととなります。
自宅で行う為、効果の出方には個人差がありますので即効性はないかもしれません。
こちらも保険適応外となるので、費用は1〜6万と高額になる可能性が高いと言えます。

 

ちゅらトゥースは自宅で出来るホワイトニングケアです。
朝・晩の1日2回、歯磨きの後に使用します。
こちらも効果の出方には差がありますが、早ければ一週間程度で効果を実感できるようです。
着色汚れが長年溜まっていた人は一カ月以上の期間が必要になることもありますが、最終的に歯が白くなったという人もとても多いんですよ。
値段は5980円と歯みがき粉の類似品としては非常に高くなっていますが、公式サイトの定期購入を利用すれば4980円で購入できるのでお得です。
また利用者からはコスパにも優れているとの声がありますので、使ってみて損はないでしょう。

 

自宅で出来るホワイトニングケアをお探しならちゅらトゥースがおすすめです。
すぐにでも歯を白くしたい場合は歯医者に行くしかありませんが、そうでない場合はちゅらトゥースを使ってホワイトニングケアをしてみてはどうでしょうか?

 

ちゅらトゥースに寄せられる良い口コミを紹介

ちゅらトゥース

ちゅらトゥースには上記で紹介した通り、良い口コミがたくさんあります。
ちゅらトゥースを使って本当に歯が白くなるのか不安…と考えている人はとても多いでしょう。
通常の歯みがき粉と違って値段も高いですし、口コミ内容も悪ければ本当に買っても大丈夫だろうかと怖くなってしまいますよね。
しかしちゅらトゥースは良い口コミが非常に多い商品なので、ココで紹介します。

 

 

 

 

ちゅらトゥースを使い始めて3週間ほどたちました。
以前までの歯の黄ばみはどこに!?というくらい白くなっています!
笑顔も自然になったみたいで、彼氏にも褒められました♪

毎日コーヒーやお茶を飲む私…歯が黄ばんでいます。
ネットでいい商品を探していたところちゅらトゥースを見つけ、口コミもいいみたいだし思い切って購入!
一週間使ってみたところ、母に「歯が白くなってる!」と驚かれました。
使い続けているとかなり効果が強くなってきたような感じがするので少しペースを落として使っていますが、これはもう手放せません。

口コミ評価が高いちゅらトゥースを購入。
口コミ通り、歯が徐々に白くなってきています!
一つの値段がちょっと高いですが、一回の使用量が少ないので結構長持ちします。
コスパもいいんじゃないかな?

 

ちゅらトゥースを使ってから歯が白くなったという人は非常に多くいます。
使う人によって効果が出るまでの期間には差がありますが、これは着色汚れがどれだけついているかなどにもよります。
長く蓄積した着色汚れはやはり取れにくいので、その場合は長い期間が必要になるかもしれません。
しかし一ヵ月も使い続ければ少しは効果を実感できると思うので、少しでも効果が出たら長く使うことをお勧めします。

 

値段が高いというデメリットもありますが、ちゅらトゥースは口のトラブルの多くを解決できる商品です。
口コミ評価が良いように効果を実感できる可能性が高いので、お口のトラブルに悩まされていて自宅でケアしたいと考えている人におすすめですよ。

ちゅらトゥースの値段は?

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは通常の歯磨きの後に使用するものです。
歯ブラシに適量を付け、歯全体を磨いてしっかりとゆすぐ。
これだけでケア完了です。
歯みがき粉のようなものなのでお値段もそんなに高くないんじゃ?と考えている人も多いかもしれませんね。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの通常価格は税抜き5980円です。
薬用ちゅらトゥースホワイトニングはネット通販限定商品となるので、送料もかかります。
そのため一回の購入で6000円以上の費用が必要になるので、安いとは言えませんよね。

 

ただこの薬用ちゅらトゥースホワイトニング、通常価格よりも安く購入する方法があります。
その方法について紹介しましょう。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの販売店は?市販で売っている?

ちゅらトゥースホワイトニング

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは歯の黄ばみを徐々に取っていく商品です。
歯みがき粉ではないのですが、歯ブラシにつけてブラッシングをしていくので歯みがき粉と似たような使い方となります。
そのため市販でも販売されていそうなものですが、薬用ちゅらトゥースホワイトニングは市販では販売されていません
ドラッグストアやハンズなどでも販売されていないので、購入する際はネット通販のみとなります。

 

ネット通販には楽天やamazonといったサイトがありますが、こちらでも取り扱いがありません。
薬用ちゅらトゥースホワイトニングの販売店は公式サイトのみとなりますので、購入は公式サイトで行ってくださいね。

 

公式サイトで買うにしても何らかの特典が欲しい。
そう考える人も多いでしょう。
公式サイトには公式サイトならではの特典がありますので、薬用ちゅらトゥースホワイトニングを使い続けたいと考えている人には特におすすめです。
ではその特典について紹介していきましょう。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングを最も安く買えるお店は?

ちゅらトゥースホワイトニング

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは公式サイトのみでの販売となるので、薬用ちゅらトゥースホワイトニングを最安値で購入するには公式サイトでの購入となります。
公式サイトでの特典ですが、公式サイトには定期購入というものがあります。
これは定期的に商品がとどくシステムで、なくなったらその都度注文する手間がない分、注文のし忘れということがないのです。
市販の物であればなくなればすぐに買いに行けますが、ネット通販限定の商品となるとそうもいきませんよね。
なくなった時に注文しても、届くまでに時間がかかるので空白の期間が出来てしまいます。
しかし定期購入は自動的に商品を届けてくれるので、そろそろなくなるかなと思った頃に商品がとどきます。
とても便利なシステムで、公式サイトのみの特典なのでぜひ利用してくださいね。

 

また定期購入のメリットは注文のし忘れを防ぐことだけではありません。
その他にも商品の代金が安くなる・送料無料・代引き手数料無料・プレゼントなどの特典があります。
薬用ちゅらトゥースホワイトニングの通常価格は5980円です。
定期購入の場合はずっと4980円となるので、単品購入よりもずっとお得です。
定期購入を契約している間はずっと送料がかかりませんし、代引き手数料も負担してもらえます。
また定期購入を契約して初回のお届け時には歯科医が設計したブラシをプレゼントとしてもらえます。

 

このように薬用ちゅらトゥースホワイトニングを公式サイトで購入する際は特典を受けることができます。
お得な特典なので、この特典を利用して歯の黄ばみを取ってしまいましょう!

 

ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースを実際に使ってみました

私は紅茶やお茶が大好きで、毎日どちらかを必ず飲んでいます。
そのせいか歯が黄ばんでしまい、美白ケアができる歯みがき粉を使っても中々綺麗に落とせず…。
歯の消しゴムも使っているんですが、どうしても落ちきれない汚れもあるため白い歯とは程遠い状態です。
そんな時にちゅらトゥースを知り、公式サイトを覗いてみるとなんだか効果がありそうな感じ。
成分も歯の黄ばみを落とすものがしっかりと配合されているし、口コミサイトで見た体験談も効果を実感しているという人もいました。
それならと思い、早速使ってみます!

ちゅらトゥース

 

ちゅらトゥース

ちゅらトゥースの箱です。
結構コンパクトで、デザインはシンプルです。

ちゅらトゥース

 

ちゅらトゥース

こちらが中身。
小さ目の青いボトルです。

ちゅらトゥース

スポイトで吸って出すタイプです。
一回吸うだけでは少なそうなので、二回吸えばちょうど良い量が出てきそうです。

ちゅらトゥース

 

ちゅらトゥース

 

ちゅらトゥース

ちゅらトゥースの初回プレゼントとして部分歯ブラシもついていました。
歯磨きが届きにくいところのお手入れに使えそうです。

 

まずは市販の歯みがき粉を使って歯を磨き、その後にちゅらトゥースを使って歯を磨いてみました。
歯磨きを二回することに少し抵抗があったのですが、ちゅらトゥースは歯磨き粉っていう感じでもなかったので磨きやすかったです。
ニオイは配合されているリンゴ酸のような香りがしました。
このケアを一日朝・晩の2回続けてみました。

 

一週間ほどたった頃、少し黄ばみが取れている感じがしました。
それから一か月ほど続けてみましたが、驚くほどの美白…というのは感じられなかったですね。
ただ普通に歯磨きをするよりは美白の効果を感じることができたので、継続して使っていくことが大事なのかもしれません。
現に一か月前の歯と比べると少し白くなっているので、使い続けることで美白効果が得られるという感じのようです。

 

口コミで見たような即効性を感じる事ができなかったのは残念ですが、使い続けていくことで徐々に効果が得られることはわかりました。
もし歯の黄ばみで悩んでいてちゅらトゥースが気になるのであれば、長く使うことを覚悟して使ってみてくださいね。